地獄湯と極楽湯

地獄湯と極楽湯が隣同士に並んでいました。

両方とも同じ広さで、同じ人数が入っています。両方とも満員です。


地獄湯では皆がケンカをしています。

「肘がぶつかった」、「お湯がかかった」それがケンカの原因です。


ところが極楽湯では、誰もケンカをしない。

同じ広さで同じ人数が入っているのだから、条件も地獄湯と同じであります。

それなのに皆、和気あいあいとしています。

「何でかわかるか?」


「そんなのわからんよ。」


「何でか、教えようか?」


「いや、いいよ•••」

「まぁ、聞いてくれよ」

聞く方にもプライドがあります。

無理やり言われて聞いてやったのです。


「それは極楽湯では皆が、他人の背中を洗うからケンカにならん。地獄湯では皆、自分で自分の背中を洗おうとするからケンカになるんだ。」


◉極楽湯では、AさんがBさんの、BさんがCさんの背中を洗います。

YさんがZさんの、ZさんがAさんの背中を洗うのです。皆が他人の背中を洗うことによって、結局は自分の背中を洗っているのです。


これを仏教では【因果応報】と言いますね。


⭕️人間は、ものの考え方一つで、自分の今住んでいる世界を極楽にもできるし、地獄にもしてしまうのですね。

その意味では地獄も極楽も、皆、私たちの心の中にあるのです。


そして、私たちが今、死んでいるこの日本という社会は、何だか地獄のような気がしてなりません。


皆が、みんな他人のことは、これっぽっちも考えずに(考えても、自分の好き嫌いや損得勘定により)自分のことばかり考えています。


だから信頼関係や仲間意識など芽生えるはずはありませんよね。


ほんのちょっとでも、他人のことを考えられるといいのに•••ね。

私はそう思います。何か悲しいですよね。

皆、巡り巡って我が身に帰ってくるのです。

他人を虐めればいずれ自分もそうなる。

仏法を聞く人でありながら、それでも好き嫌いでそうする輩は実に多いように感じますね。


阿弥陀さまを仰ぐと、そんな、ちっぽけなことなど意味がないことを知らされるというのにね。それでも未だに頑張っておられるのですね。


私は前を向いて生きていきますよ。


※地獄湯と極楽湯 ひろさちや著

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示