top of page

菩提心

仏になるに定まった信心を【菩提心】と言います。

お経は、「同発菩提心 往生安楽国」で終わります。

意味は「同じく菩提心を起こして安楽国に往生しましょう」です。

これこそ仏教では一番大切な心であります。


ここをどう思うかによって変わります。

間違いないようにしたいですね。


法然聖人がご往生されてすぐ、聖人が著された『選択本願念仏集』が出されました。

この書の中で、「菩提心は、阿弥陀仏の本願の行ではないので、選び捨てるべきもの。本願の行は念仏一つで、これが選び取るべきもの」と、記されています。


これを見た華厳宗の明恵上人は、「菩提心を否定したならば仏教ではない」と、激しく法然聖人の『選択本願念仏集』を批判されました。


それに対して、法然聖人のお弟子であった親鸞聖人が反論されます。

「菩提心には自力の菩提心と、如来さまから与えられた他力の菩提心があります。法然聖人が捨てられたのは、自力の菩提心です。この菩提心は凡夫には発こすことはできない。その凡夫を見抜いたうえで、阿弥陀仏の『すべての衆生をさとりの仏にしてやりたい』という大菩提心が、南無阿弥陀仏となって凡夫の上にはたらいてくださる。それを我が身にいただく信心が菩提心なのです。」と。


南無阿弥陀仏とお念仏をいただいた人は、仏になるに定まった信心(菩提心)をいただいています。

もう何にも心配などしなくてよいのです。

ぜ〜んぶ、阿弥陀さまにおまかせしてあなたを生きていけば必ず往生する身となっているのだから。


安心、南無阿弥陀仏

しあわせ、南無阿弥陀仏

そのまま、南無阿弥陀仏

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page