top of page

紙一重

皆さま、こんばんは。

今日は朝から天気に恵まれ暖かでしたがいかがお過ごしでしょうか。それでも夕方にはまた寒くなりました。


さて今日は午前中、都内でお参りをいただき午後からは千葉市までお参りへ行きました。

なかなか広範囲でしょうね。

もう慣れましたが、身体は悲鳴を上げています。しかしながら贅沢も言ってられません。


あるべきご縁は大切にしています。

そして住職をご指名ですからね。

有難いことです。


しかしながらこういう時は注意緩慢になりがちです。

帰りにドライブスルーで買い物をした直後にあわやの出来事がありました。

間一髪で•••。


夜になってすぐは視界もあまり良くないから。

そう歩道を走ってきた人とぶつかりそうになりました。

若い方だったからヒラリとかわしてくださいましたので助かりました。

「大丈夫ですか?」と声を掛けたら「大丈夫」と。


全身の力が抜けましたよ。危なかったぁ。

アイサイトのお力も貸していただいたような。

事故は一瞬で起こり、どんなに気をつけていても大事になるため必要以上に注意しなくてはなりません。


さまざまなものに助けていただきました。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏


「南無阿弥陀仏称えれば、十方無量の諸仏は、百重千重囲繞して、喜びまもりたもうなり」


守っていただきましたかね。

有難いことです。

歩行者の彼にも感謝です。

それから、すぐに私の口も「大丈夫だったですか」と言えたのは良かったです。


間違えても、文句などいわないでよかった。

助けていただいたのですから。


今日も何とか無事に終えられて良かったです。

感謝です。

皆さまもどうかお気をつけください。

おやすみなさいませ。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page