top of page

6年ぶりの札幌

更新日:6月28日

皆さま、こんばんは。

今、6年ぶりに北海道札幌市に来ています。

朝、羽田空港へ向かう途中、豊田辺りで飯田橋で沿線火災があり40分以上遅れてしまい札幌行きの飛行機に乗れないことになってしまいました。改めて別便を予約したら片道で往復分の料金となり、出発に至っては当初の予定より5時間も遅くなってしまい初日の研修は欠席し、夜の懇親会からの参加になりました。

でもキャンセルせずに来てよかった。

行かなかったら後悔しそうだったから。

飛行機もめちゃくちゃ揺れてジェットコースター状態でした。苦手なんですよ。


札幌はさすがに寒かったです。

東京は暑かったので半袖だったからGUに行き長袖を買いました。良いですね。

参加者の皆様にお会いして私を覚えていてくださりありがたかったです。なかなか知られているようです。


この度も馴染みのジンギスカン屋に一人で行きました。[だるま]でご馳走様でした。

もう明日の研修に打ち込むだけですね。もちろんお晨朝には出ますよ。今夜は別院泊まりですからね。久しぶりにめちゃくちゃ飲みました。千鳥足になりました。

別院に戻ると副団長さんがお飲みになられていましたのでご一緒させていただきました。

6年以上前に常例線[布教]へ出させていただいた感想をお話しいたしました。大変に学びになりましたと。

もうお声はかからないでしょうが、悔いないほどの私の素晴らしい経験でありました。

布教使たる者、常例線を経験することの意味は知らねばならないと私は思います。


諦めないでたくさん料金がかかっても来て良かったです。悔いが無くなりました。

また新たな人との出会いがありました。

有難いですね。おやすみなさいませ。

南無阿弥陀仏、ナンマンダブツ。

閲覧数:17回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Kommentare


bottom of page