「46」と「11」の謎

皆さま、こんばんは。

1995年1月17日に起こった阪神淡路大震災から27年目、あの日の記憶は未だに鮮明であります。確かに東日本大震災の大津波や福島第1原発の爆発の恐怖に比べればまた違うのかも知れませんが、私自身、まだ若く緊張感のない日暮しをしていた頃でしたので余計に鮮明な記憶として残っています。


震災後は、縁あって東灘区のお寺さまにありました災害ボランティアセンター(六甲庵)へボランティアで幾度となくお手伝いさせていただきました。

また、布教使(本山や別院で布教するための資格)補研修会でガラガラの東名高速を走って京都へ行ったことも懐かしいです。


今考えれば、私の人生を考える岐路でもあったように感じます。

あまりに色々な世の中の変化があり、当たり前だと生きていたことがまさに無常の真っ只中にある自身の人生を見つめるタイミングだったように思います。

あれからたくさんの善知識(私を仏法に導いてくれた人)とお出会いしました。

身心から喜べる人との出会い、自身の歩むべき道を考えつつ、しかしながら現実はそうなれないという葛藤の中でもがいていたように思います。


四半世紀も前の出来事かも知れませんが、これでもか、これでもお前はこの無常に気づいてくれないのか。というご催促であったと思う。

過ぎれば何とやらでしたね。

愚かなことでありました。

その後の同時多発テロ、そして東日本大震災。


そういえば、皆さまはご存知ですか?

巨大地震や大事件が「46分」に起きていることを!

◉阪神淡路大震災1995/1/17/5時46分


◉同時多発テロ 2001/9/11/8時46分


◉東日本大震災 2011/3/11/14時46分


さて、偶然だったのでしょうか。


また、「11」の謎というものもあります。

◉同時多発テロでアメリカン航空11便、110階建てのツインタワー北棟に激突したのはNY時間、2001年9月11日。

※「11」が3度も出てきます。


◉東日本大震災が起きたのは、2011年3月11日と、「11」が2度出てきます。


◉阪神淡路大震災も1月17日に発生と、見方によれば「11」が含まれます。


※一説には大震災は、人工地震であったという話も出ているが決して不可能ではないという。


余談ですが、2011年に全米で公開されたアクション映画「世界戦略 ロサンゼルス決戦」では、宇宙人が地球に攻めてくる日時が【2011年4月11日の4時46分(グリニッジ標準時)】と設定されており、ここでも「46」と「11」が出てきます。

その上、この映画の封切りは3月11日だったのですよ。意図的なのか偶然なのか。

謎があまりに多いのですよ。


※ちなみに今回のトンガ海底火山噴火時間は日本時間1月15日午後1時10分頃と「11」が2度も出ています。


そんなことを思いながら世の不思議を感じながら寝床で、今夜も「死の準備」をしている末田でありました。

今日は8500歩、良く歩きました。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏。

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示