top of page

阿弥陀さまが超法寺へ

皆さま、こんにちは。

いやぁ、今日もめちゃくちゃ暑くなりましたね。真夏のようです。今日は超法寺にも熱くなるような出来事がありました。

先だってお知らせしておりました阿弥陀如来像が本日無事にご安置されました。

神々しいお姿に涙が出てくるようです。

超法寺がお寺としての新たなスタートをする大切な場面に総代さんがお二人がお忙しい中を駆けつけてくださいました。有難いことです。


念願のお木仏が島根県からはるばるお越しくださいました。(実際には西本願寺でお預かりされていました)本願寺の仏師さまがご検仏されていますので正真正銘のご本尊であります。

これからの超法寺をご一緒に歩んでくださる大切な阿弥陀さまです。皆さまには九月二十八日(土曜日)に遷座•入仏法要をお勤めいたしますので、是非お参りしていただければと思います。後日改めてご案内いたします。


少しずつではありますが、頼りない住職を皆さまのお力添えのおかげでお寺へ向けて前に進めてくださいます。頭が下がります。

衷心より感謝申し上げます。南無阿弥陀仏

今月より東町から南峯に移り活動を始めました。近隣地域の方々に早く認知していただいて超法寺へ足を運んでいただけるよう精進してまいります。


今は整骨院と病院への診察待ちです。

しっかり「老い」「病」を体感しています。

しかしながら独りではありません。

南無阿弥陀仏の阿弥陀さまが不安な苦悩の私に寄り添いご一緒くださいます。ですから安心です。また総代さんも支えていてくださいます。

移転のご案内で、わざわざお花を送ってくださったり、ご懇志[移転祝い]を送ってくださり支えていてくださいます。助かります。

嬉しいです。励みになります。

必ずや皆さまのご期待に応えていきたいと思います。南無阿弥陀仏、ナンマンダブツ。


※今朝まで超法寺のご本尊として礼拝していました絵像は、実家寺からお借りしていましたもので1799年のもので亡き父が昭和60年に修復したものでした。短い間でしたが有難うございます。またお返しに参らせていただきます。

南無阿弥陀仏

閲覧数:33回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page