top of page

金子みすゞさん

皆さま、こんにちは。

今日、3月10日は女流詩人、金子みすゞさんのご命日です。


私の好きな詩をご紹介しますね。

【寂しいとき】

私が寂しいときに、よその人は知らないの。

私が寂しいときに、お友だちは笑うの。

私が寂しいときに、お母さまは優しいの。

私が寂しいときに、仏さまは寂しいの。


もう二十年ほど前に人生初の入院したときに、

毎日ずっとずっと読んでいました。

まさにこの通りでありました。


阿弥陀さまは、寂しいか?と私の気持ちと同じ思いで寂しさに寄り添っていてくださいます。

寂しいときに、ナンマンダブツと声に称えてみてください。

阿弥陀さまのお心が私の寂しい気持ちに飛び込んで安らいでくださいますよ。

一人じゃないんだよ、私阿弥陀がいつもあなたと一緒だよ。

そう、二人三脚で人生を歩んでくださいます。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:31回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page