top of page

超法寺の未来図

皆さま、おはようございます。

さすがに一晩起きていましたから身体にこたえています。昨夜は寝落ちしちゃいました。

サッカー日本代表はミャンマーに完勝でしたね。今やワールドカップに出場するのは当たり前になりつつあるから格下に取りこぼしは厳禁だし、得失差も影響するからなるべく取れる時に取らねばならない。

そのためにもケガ人も考慮しながら層の厚さも経験させておく必要がありますね。

ま、サッカーには疎いですが頑張って欲しいですね。


さて何度も書いていますが、現在の超法寺の立ち位置はまだお寺としては正式ではありません。布教所とはまだお寺の前段階です。

築地本願寺さまの管理の元、お寺として浄土真宗本願寺派に包括されることが大事です。

今は先ず【非法人寺院】を目指し浄土真宗本願寺派包括寺院として宗派[西本願寺]に認めていただくことを目指しています。

それには収支の安定[安定した法務収入]を図り、宗派への護持のために尽力するべきものを確保する必要があります。

現在は僧侶派遣業者からの法務依頼に頼っているため毎月の収入が安定しません。

ちなみに今月は今年一番少ない見込みで住職は毎日ハラハラしています。

ま、しても仕事は増えないので取り越し苦労なのですが。


このようなことですから、やはり直接のご依頼を増やすためにも超法寺を皆さまに身近に考えていただいて信頼していただくことに努めていかねばならないのです。

また既に超法寺にご縁を結んでいただいている方々にも、積極的に超法寺をお知り合い、ご近所に勧めていただけたら有難いです。


その上で、[宗教法人化]を目指していきます。社会的にも寺院としての活動を認めていただくようにして【認証】いただくことを最終目標としています。

前回書きましたが、さまざまな税金面での優遇を考えていくことで寺院運営が非常に楽になります。

そのためにも自己所有物件の取得から始める必要があります。もちろん今の場所[借家]を基本には考えていますが、まだここは予算オーバーですから、入間市で認められているため、入間市で物件を探しています。

寺院として皆さまが集いやすい場所があり、金額的にも超法寺に丁度良いところがありましたらご紹介くださいませ。


今後も県庁[学事部宗教法人担当]より認証していただくためにより一層の寺院活動を講じて参ります。日頃からの寺院活動状況を報告するためにさまざまな資料提供する必要がありますので、皆さまのご協力をお願いしたいです。

超法寺は私だけではなく、皆さまのお力が必要なのです。


それでもコロナ禍が落ち着いてきて、異常事態は回避しつつあります。皆さまにも少しずつ認知していただいて直接の問い合わせや法務依頼をしていただけるようにもなってきました。

焦っても仕方ありませんが、お寺の活動も皆さまのご協力を賜わればこそ形となってきました。日頃から超法寺へ足を運んでくださる皆さまが私の一番の喜びであります。

皆さまの超法寺との関わってくださるお姿が、超法寺の未来図には必須なのです。


何卒、今後も皆さまのお力を賜りたくお願い申し上げます。

超法寺は関東一円喜んでご縁を結ばせていただきます。住職を信頼してくださる方々のために今後もこの身体が動く限り奮闘して、この素晴らしい親鸞さまのみ教えをお伝えしてまいります。

この不安な世の中を強く明るく生きるには阿弥陀さまへおまかせしてお念仏を申しながら生きていくことが大事であります。

まだそれを知らずに右往左往されておられる方々の気持ちに寄り添っていきたい。

住職は微力ながら常にそう考えています。


一緒に歩んでいきましょう。

阿弥陀さまがご一緒くださいます。

ご先祖が故人さまが南無阿弥陀仏となって私と生きてくださいます。

寂しくなんかありません。

ひとりぼっちなんかじゃありません。


親鸞聖人はご和讃に、

【南無阿弥陀仏となふれば 十方無量の諸仏は 百重千重囲繞して よろこびまもりたもふなり】と喜んでおられます。


ですから、私が称えるお念仏はお礼なのです。

喜び感謝の言葉がナンマンダブツなのです。

あらゆる命に守られて、あらゆる命に支えられている私の生命、私の人生。

それを常に胸にしながら「今」を生きていきましょう。


南無阿弥陀仏

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page