top of page

築地本願寺団体参拝

更新日:4月28日

皆さま、おはようございます。

昨日は築地本願寺での「親鸞聖人ご誕生850年 立教開宗800年慶讃法要]埼玉組団体参拝してまいりました。超法寺としては初めて埼玉組(そ)のメンバーとして門信徒を連れてお参りしました。総勢6名[2名欠席]、昨年のご本山参拝時と同じ人数ですが、初参加2名となり感慨深い気持ちでありました。

布教所という立場でこの人数をお連れすることができたのは頑張りましたよね。

また超法寺が座った場所はご本山の時と同じ前の席でした[前から二列三列目]。

いつもお世話になる尊光寺さまの後ろ。

聞けば受付順なのだそうです。早く来て良かったです。

午前中[日中法要]北ブロックが参拝でしたので、懐かしい千葉組(そ)のお寺さんにもお会いしました。

めちゃくちゃ久しぶりのご住職もおられました。そういう意味でも意味がありました。

また、先程写メを見て気づいたのですが新座市の親戚住職が内陣結衆出仕されていました。


雨模様ではありましたが早めに雨も上がり(晴れ男の本領発揮か)法要後には境内で集合写真も撮れました。有難いです。

法要では大谷光真前ご門主が出仕、ご法話もいただき涙ものでありました。前裏方さまも最後までお参りくださいました。

超法寺の初めての団体参拝に前門さまのご縁にお遇いさせていただけたのは不思議な縁を感じました。感激でありました。


法要後、皆で蓮華殿にてお弁当をいただきました。食事の言葉は、OさんとFさんにお願いしました。二人とも戸惑いながらもしてくださいました。ただ食欲が満たされたからか肝心の抹茶席に行くのを忘れてしまいました。

残念でしたが、報恩講に持ち越ししますかな。

慣れない私でした、お許しください。


その後は自由解散して、私はインフォメーションセンターでMさん、Iさんとお茶をして歓談しました。これもよい時間でしたね。

入間までは新富町から電車を乗り継いで帰りました。Mさんとはずっと野球談義をしました。

帰院すると腰が限界を越えて悲鳴をあげました。のたうち回ることとにはなりましたが、無事に参拝することができた喜びにご尊前へ御礼しました。

この度の法要は50年に一度のこと。

もう次はこの娑婆世界にはいません。

参らせていただきます。

だからこそ、お参りできたのはかけがえのないことでありました。


この喜びを共有でき、共に参ることができたことはまさに宝物というべきことではなかったのでしょうか。

この度、ご一緒に参拝することができた皆さまは超法寺の宝です。これからもずっとご一緒させてください。

また、このブログを見て何かを感じられた方は是非、超法寺の大切なメンバーになってください。私は切に願っております。


今日は雅楽で法要に出仕される所沢市のご寺院のお手伝いで所沢でお参りへいきます。

助かります。精一杯頑張ります。

また、ゴールデンウィークであちこち大渋滞しているようですから、車を運転される方はくれぐれもご注意くださいませ。

気をつけていても私のように追突されることもありますからね。油断しないように。

今日は夏日になるそうなので、体調管理もしてください。

良きお休みをお過ごしください。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Σχόλια


bottom of page