top of page

砂の数ほど仏はおられます

皆さま、こんにちは。ゴールデンウィークは前半があっという間に過ぎました。

私はおかげさまでボーっとしている暇もなく走り回っていました。今日も白岡市で仏縁を結び無事に帰院しました。なかなか遠かったです。


さて私たちは残念ながら自分の都合通りには生きられないお互いです。なったまんまを生きていくだけであります。皆、いつまでも元気に長生きしたいのです。しかし、やはり思うようにはならないのです。どんなに元気であろうと若さはいつまでも続きません。気だけ若くてもやはり老いにはかないません。老いても同じく、自分はまだまだ元気だと思うので、今夜死んでも悔いが残らないような生き方はなかなかできないものです。いかがですか?


死ねば仏と言いますから(誰が?)、死ねば天国に行ける?もしもし天国は神さまの国ですよ。仏教を信仰している人にはそもそも行かれない世界であります。神さまと仏さまは違う存在であります。

また仏さまにも如来を最上位に観音菩薩•••。

という訳で仏さまの種類と役割をご紹介します。


【如来】梵語で「真実から来た者」という意味で和訳が如来です。あらゆる仏の中で最高の境地に至った存在。西の阿弥陀如来、東の薬師如来が有名です。

【阿弥陀如来】極楽浄土の主

【釈迦如来】仏法の開祖

【大日如来】密教世界の最高位

【薬師如来】東方瑠璃光浄土の主

【毘盧舎那仏】蓮華蔵世界の主


【菩薩】梵語で「悟りを求める者」という意味。[次期如来候補]

弥勒菩薩が有名です。[釈尊滅後56億7,000万年後に現れ人々を救済する菩薩[次世な仏

【聖観音菩薩】現世利益を叶えてくれる菩薩。

【聖十一面菩薩】【千手観音】【馬頭観音】【如意輪観音】

【普賢菩薩】行の菩薩

【文殊菩薩】知恵の菩薩

【虚空蔵菩薩】求聞持法[ぐもんじほう]の本尊。

【日光菩薩•月光菩薩】薬師如来の補佐役

【勢至菩薩】阿弥陀如来の補佐役


【明王】バラモン、ヒンドゥ教の神々で、如来、菩薩に次ぐ仏格。[如来の使者]

【天部】天空や天上界に住む者を意味する。仏法を守護する役目を持つ。

【不動明王】大日如来の命令[教令]を受け行動する。威力があり功徳も大きい明王。

【降三世明王】過去、現在、未来の三世と、貪り、怒り、無知の煩悩を降伏する仏。

【軍茶利明王】障害を取り除いてくれる仏

【大威徳明王】阿弥陀如来の[教令]で輪身。文殊菩薩の化身。戦勝祈願の本尊

【金剛夜叉明王】密教法具を使って悪をうち砕く仏。

【孔雀明王】病魔退散、病気平癒の仏

【愛染明王】人間の愛欲を浄化して菩提心に変える仏。

【梵天】梵語でブラフマン。宇宙の創造神[釈迦の守護神]

【帝釈天】雷神を起源とし釈尊の守護神

【毘沙門天】北方を守る多聞天が単独で祀られる時の名が毘沙門天です。

【四天王】如来や菩薩を護するのが役目。

[東方]持国天 [南方]増長天

[西方]広目天 [北方]多聞天

四方を守護する神さま。

【迷企羅】[十二神将]薬師如来に従う神

砂の数ほどおられます。

死ぬまで煩悩から離れられない煩悩具足の凡夫たる私たちは、阿弥陀如来の先手の法【南無阿弥陀仏】を称えることで往生させていただくのです。阿弥陀さまのご本願を我が身にいただくのです。


いただかなければ南無阿弥陀仏が我が口から出てくることはございません。

皆さまはいかがですか。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page