top of page

皆さま、ありがとう

更新日:2023年12月7日

こんばんは。真冬の寒さになりましたね。ブルブル

しかしながら私はずっと感謝の思いでいっぱいでありますので

あったかいです。すべての人に感謝します。




皆さまもよくご存知のうたですよね。

私に関わってくれたすべての人に私は感謝します。

いい思い出ばかりじゃないけれども、それでも縁があればこそ出会えた

人たちです。私の人生には必要不可欠の皆さんです。

56年生きてきた私の人生に意味のない人は一人もいません。

私を形成する人生には、私と出会ってくれた皆さま、本当にありがとう。

傷つけてしまった人、喧嘩してしまった人、怒らせてしまった人、サヨナラして

しまった人、悲しませてしまった人、別れていった貴女、みんな今だからこそ

素直に言えます。ありがとうございます。あなたに会えて良かったです。


今回の築地本願寺常例布教に出向させていただいて痛感しました。

私は何と幸せ者だったのだろうか。

お慈悲の水に今日も一日、ざぶりと浸かりご恩を喜ぶしあわせ者です。

重ねてありがとうございました。ナンマンダブツ

閲覧数:25回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page