top of page

熱中症にご注意を

皆さま、こんばんは。

今日は朝から身体がだるく、めまいと吐き気がありました。ひょっとまたやっちまったかと思い診察を受けると予想通り【熱中症】でした。

早速、点滴打ってくださいました。


点滴って診療所のナースさんがめちゃくちゃ上手いですよね。

僕は血管が細いから病院だとなかなかうまくいかないことがありますが、診療所ではまずそれはありません。

感動すらしますよね。


プロって感じかな。

しかし、いつになっても注射は苦手です。


帰ってきてもずっと寝ていました。

だるさがなかなか抜けずにいます。

もうあまり無理ができないのかな。

いないやそんなことはないさ。


まだ皆さまのお力になれるはず。

それこそが僕のモチベーションになるよ。

今日は、有難いことに先日、新規開拓したところから直ではありませんが問い合わせと依頼がありました。


僕の人柄を見てダメ元で連絡くれたそうです。嬉しいですよね。テンション上がりました。

この土日はどこのお寺さんも忙しいそうで、なかなか捕まらないって。

超法寺も、残念ながら今回は時間が合わずに依頼を受けることができませんでした。


それでもお声がけをいただけるということが僕の喜びとなります。


今夜は早く休んで明日に備えます。

明日は横浜市までお参りに行きます。

もちろん下道で行きますよ。

6時には出なきゃね。

皆さまも、熱中症にはご注意ください。

こまめに水分補給です。

一回コップ一杯のお水ですよ。


人間って一度にそれくらいしか体内に吸収できないそうですから。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:12回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page