top of page

浄土真宗の生き方

皆さま、こんにちは。ゴールデンウィーク最終日はいかがお過ごしでしょうか?

今日はまたお天気も素晴らしく、ただ風が強くなって洗濯物が飛びそうで心配。

ただとても過ごしやすいので有難く思います。

皆さまにおかれましては事故のないようにお過ごしくださいませ。


私たち浄土真宗のみ教えに遇わせていただくものの生き方は、とかくお念仏を申すことに力が入りやすくなる傾向がありますが、それでは自力ですからね。あくまでも阿弥陀さまのおはたらきのままにお称えさせていただくのです。

そのお心をご紹介します。


1、ふってよし はれてよし なくてよし

あってよし しんでよし いきてよし

2、仏法には世間の暇をかぎて聞くべし。

世間の暇をあけて法を聞くべきように思う

ことあさましきことなり。

3、仏法には明日ということはあるまじき。

4、この子をどう育てるかという技術や方法論

に終始するより、この子が人間として育つ

ために私がどうお手伝いをするか考える

べきだ。

5、静かに、平穏に、しかし、確実に、その日

が近づいてくる。

6、自分の居場所を、見いだせない不安は深い

7、他の人の欠点がよく見えること自体、自ら

の欠点である。

8、田畑は雑草によって損なわれ、人は貪欲

(とんよく)によって損なわれる。

9、生物の最も大きな弱点の一つは、利己主義

である。

10、朝な朝な、報仏の功徳を持ちながら起き、

夕な夕な、弥陀の仏智と共に臥す(ふす)


なかなか頭が痛いですね。

しかしながら、南無阿弥陀仏をお称えする日暮の中に少しずつ少しずつ、そうなっていくはたらきが我が身に備わっていくのが念仏者の日暮しではないでしょうか。


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page