top of page

浄土教ってな〜に?

更新日:2021年11月5日

◉浄土教という宗教は、人間にとって避けることのできない人生苦(生•老•病•死)つまるところ「生死」の問題を、往生浄土ということで解決していく宗教です。


念仏の人には、「死」はありません。

生まれて往くのです。

「浄土に生まれて往く」と、この人生を生きていく宗教です。


あなたは死んでいく人生を歩まれますか?


生まれて往く人生を歩まれますか?


浄土教の信心は、

【お願いだから、本当に疑いなく私の国(浄土)へ生まれることができると思ってくれ。そして、わずか十遍(じゅっぺん)であっても、私の名を称えながら、お浄土(私の国)への人生を生きていきなさい。

そのようなものを、お浄土へ生まれさせることができなければ、私は正しくめざめたもの(仏)にはなりません。】


この阿弥陀如来さまのお願いを断ることを〈疑い〉


阿弥陀如来さまのお願いに従うことを〈信心〉というのです。


◉「死にたけりゃ死ねよ この身体 われは死んでもわたしゃ死なぬ 生きている南無阿弥陀仏」〈浅原才市〉

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page