top of page

松坂大輔ラスト登板

皆さま、こんばんは。

涙無くしては見れませんでした。

平成の怪物、我らが松坂大輔さんがメットライフドームで最後の投球を見せてくれました。

初球117キロのストライク。

その後は四つボールで横浜高の後輩、近藤にフォアボールを与えてマウンドを降りました。


これが今の松坂大輔。

本人が自ら望んだ自分のありのままの姿。

日米通算170勝は見事でありました。

個人的には松坂大輔から内海哲也への継投が見たかったけどなぁ。


二軍選手は幸せでありますね。

こんなレジェンドがいるチームに身を置いているのだからね。

もっともっと貪欲に学んでいただきたいですね。


松坂大輔の最後の一球を受けた森友哉は何をかんじたのだろうか。

ぜひ聞いてみたいものですね。

日本プロ野球界の宝でありました。


是非とも今後はライオンズで後進を育てていただきたいものですね。

彼の笑顔に涙が止まらないよ。


松坂大輔さん、ありがとうございました。

埼玉西武ライオンズのユニフォームで最後を飾ってくれて。


さぁ、今夜は負けられないぜ。

十亀さん、ビシッと押さえようぜ。

昨夜は落武者打線(貧打)のライオンズ、今夜負けたら最下位よ。

それだけはごかんべんくださいまし。

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page