top of page

暑さも楽しむ生き方

皆さま、おはようございます。

今朝も暑くなりましたね。

どうぞ熱中症にコロナにインフルエンザにはしかに十分お気をつけくださいませ。

お見舞い申し上げます。


さて今日は東京都日の出町まで来ています。

新たな仏縁を結ばせていただきます。

悲しいことですがこれも大切なことでもあります。


さて、みなさんは我が人生の往く先をどのように考えておられるでしょうか。

世間一般的に【天国】へ行くと思いますか。

天国へ行くには大変厳格な条件があります。

洗礼という神さまとの【契約】がありまして、その契約を守れた人しか参ることはできません。契約違反をした人は天国に行くことは叶いません。

永遠の苦しみを受ける【地獄】へ行くことになるそうです。神に背いた人が行く地獄は二度と許されないのだと言われます。

私たちの都合の良いようにはならないのです。


仏教では天国は【迷い】で【悟り】ではないと説かれます。

また、浄土真宗でも親鸞聖人は『正信偈』に「報土往生(即得往生)多からず、化土往生少なからず」と言われています。

仮の浄土へ生まれる人は多いと言われていますよ。これは阿弥陀如来に遇わない人、疑っている人、お念仏を申さない人、疑ってお念仏を称える人、お寺を謗る人等が行くのだそうです。


皆さまは浄土真宗だから大丈夫と誤解しておられませんか。浄土真宗だから救われるんじゃないんですよ。

阿弥陀如来の【ご本願】に遇わせていただくからお救いに遇えるのですよ。

是非、門徒物忌知らずにならぬようご注意を。


そういえば、よく聞かれるのが、ご住職受け取った証拠ってどうやってわかるんですか?

と聞かれます。

おわかりですか?


皆さまのお家にも宅急便や宅配便が届くことがありますよね。

そんな時どうされますか?

「ありがとうございます。でも今忙しいから置いておいてください」わかりましたにはならないですよね。

Amazonじゃないから置いておいてくれはしません。

受け取りが必要じゃないですか。

ハンコかサイン。

これが受け取りましたという証拠です。


つまり阿弥陀如来の願いを受け取りましたという証は、私の愚痴が軽やかに出る口に南無阿弥陀仏が声となっていることが、受け取りましたという証拠であります。


どうですか?

皆さまは口に南無阿弥陀仏がいただけていますか?亡き人の願いは南無阿弥陀仏を声に称える人になって、浄土に生まれてきて仏になってくれ!と、そう願っておられるのですよ。


世のニュースに一喜一憂している場合じゃないんですよ。

そういうことは、南無阿弥陀仏を声に称えられる私になって、仏法聴聞を人生の糧にする私になってからで十分なのですよ。


ちょっと過激なことを申しました。

気に触られましたらお許しください。


浄土真宗はなるべく不足にならないように生きる宗教です。

不足でなければ愚痴も少なくなります。

例えば、暑いもいい、寒くもいい。晴れてもいい、雨が降ってもいい、にすればどうですか?

不足にならないですよね。


だって常に阿弥陀如来【南無阿弥陀仏】とご一緒の日暮しですもの。

どちらでもいい、それは阿弥陀如来がお考えのことですから。私はただそれに身を任せて生きていくだけでありますよね。


今日も大変暑くなるようです。

十分にご自愛くださいませ。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page