top of page

新年のお慶びを申しあげます

皆さま、おはようございます。

令和5年の元旦であります。

昨年は東京五輪、サッカーワールドカップなど華やかなイベントがありつつ、ロシアによりウクライナ侵攻という理不尽な戦争が引き起こされ、その煽りで石油高、円安により経済的に厳しくなりました。

もういい加減、タンス預金など辞めないと益々苦しい生活を余儀なくされます。


さて新年の一発目は、やはり浄土真宗がなぜ素晴らしいみ教えなのかをご紹介します。


仏教は、すべての者に【仏になる】ことを勧める教えです。

すべての者が【仏になる】道を説く教えです。


人間の欲望をかなえる宗教ではありません。


すべての者の救い、すべての者の幸せを願う仏になることを勧めて、仏になる道を説く教えです。


まさしく浄土真宗は、すべての者に仏になることを勧め、すべての者が【浄土に生まれ、仏になる道として、お念仏の道を説くのです。】


「浄土真宗」と言えば、私たちは、親鸞聖人を宗祖と仰ぐ、「浄土真宗本願寺派」という教団•宗派の名前として日常使います。

しかし、親鸞聖人が「浄土真宗」と言われる時は、

【他力の念仏の法、阿弥陀如来の本願の念仏の道そのものを浄土真宗】と言われるのです。


◉「大無量寿経 真実の教 浄土真宗」


◉「つつしんで浄土真宗を案ずるに二種の回向あり」


◉「選択本願は浄土真宗なり」


◉「浄土真宗は大乗の中の至極なり」


すべてのものが救われ、すべての者が仏になる道は、【大無量寿経に説かれる第十八願、選択本願の

お念仏の道一つ」ですと、親鸞聖人は浄土真宗をお勧めくださいました。


このことを私は今年一年、命ある限りお伝えして参ります。

皆さまも是非、南無阿弥陀仏を声に称えながらの生活を送ってください。


本年も宜しくお願い致します。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Commentaires


bottom of page