top of page

妙好人の世界【おその】2

三河のおそのさんのお話です。


「只今から、阿弥陀さまのお申しわたしを一言お伝えする。各々、心して聴聞せられよ。」


「そのお申しわたしとは、たとひ十悪五逆の罪人であろうとも、われ(阿弥陀)をたのめ、必ずたすくる。これが阿弥陀さまの仰せじゃ。」


こう言って、おそのさんは退堂された。

皆は、呆気に取られ、しばらくして不満の声が・・・・・。


「ありがたいことじゃ。百のものを十につづめ、十のものを一つにして、ようこそ

親さまのおおせを知らせてくだされた。こんなうまいことは、御講師さまでなければ聞かれぬことじゃ。」


そう大きな声で言うと、おそのさんは、お念仏を称えながらさっさと帰っていかれた。



○信心に恵まれない・・・・・安心したいと悩む方にアドバイスを。

※必ず安心感が得られる方法があるが、あなた二、三年やってみる気はあるか?

安心さえ得られるなら、どんなことでもやるつもりです。

「では、二、三年の間、お差し支えなし、ご注文なし、と言いづめにしてみなさい」

と言われた。



【そのままの救い】と浄土真宗ではよく言われる。

凡夫(死ぬまで煩悩から離れられないもの)が凡夫のまま浄土に往生できる、

まことに希有な教えであります。


その簡明さ、平易さゆえに、自分も何かしなければならないのではないか、とはからう心がはたらいてしまう。

これが、この「はからい」が安心を遠ざけるのです。

言わば、阿弥陀さまの大慈悲を拒む心だ。

おそのさんにはそれがわかっていた。


私たちはよく勘違いしてしまうので、よくおそのさんのお味わいを聞きたいものです。妙好人の世界は常にこちらではなく、阿弥陀さまの方にあるのです。

それがつい、わかったつもりでこちらへおいてしまう。だからまたわからなくなってしまうのです。

このままではなく、そのままの救いであります。

ナンマンダブツ


(続く)

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page