報恩講をお勤めしました

更新日:2月5日

皆さま、こんばんは。

寒くなりましたね。いよいよ本格的に冬でしょうか。皆さま、体調を崩さないように気をつけてください。


さて、今年もおかげさまで報恩講をお勤めすることができました。有り難いです。

今日は親鸞聖人の祥月命日(旧暦)でもあります。758年前にお亡くなりになられたのたのですが、未だに多くの方を惹きつけていますね。全く色褪せないのは「真実の道」であるからなのでしょう。


今年は残念ながら少ない参拝で寂しくなりましたが、ご講師は明るく、優しいお取り次ぎをしてくださいました。私も贅沢なご法話を聞かせていただきました。

やはりご法義は毛穴から入ると言いますが、じわじわと沁みてまいりました。


「聞いて忘れて、忘れて聞いて、わたしゃ籠耳

お慈悲の水に今日も一日ざぶりと浸かり、ご恩喜ぶしあわせ者よ。」渡邊尚爾師


南無阿弥陀仏、ナンマンダブツ

閲覧数:35回

最新記事

すべて表示