top of page

只今帰りました

皆さま、こんばんは。

先程、北海道から無事に帰ってきました。

なかなかのハードな旅路でありました。

行きとは違うルートで品川から池袋まで山手線、池袋から西武池袋線で飯能まで[初めて乗りました]、飯能から東飯能、そこから八高線で金子まで。一周した気分でした。

行きの沿線火災トラブルに始まったこの度でしたが何とか無事に帰ってこれました。

有難きしあわせであります。

研修会では懐かしい友人とも再会し、常例線でお世話になりましたご住職[亡き父と同い年でしたが明るくて優しい笑顔が素敵でした]に開教、伝道についてさまざまなご教示をいただきました。

研修テーマは私にはかなり難易度の高いものでしたが研鑽の場に身を置けたことは必ずや今後に生かされるでありましょう。


南無阿弥陀仏の声に改めて[生かされて生きる]ことの有り難さ、生きていれば、辛くても前向きに歩んでいれば遇える人たちがいらっしゃる。優しく迎えていただき感謝でした。


ウチの子たちも帰りを喜んでいました。

早速、一緒にお弁当をいただきました。

北海道土産です。

明日からはまた超法寺での日々が始まります。

北海道で学んだことを生かしていきます。

しかしながら、さすがにハードでした。

疲労度MAXなり。ナンマンダブツ。

閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comentarios


bottom of page