top of page

佐賀の念仏者

皆さま、こんばんは。雪が降りそうなイブですね。

ホワイトクリスマスになったらロマンチックですが現実は

スベッた転んだになりますからね。

スベッたといえば今夜、恒例のM1グランプリ決勝が開催されていますね。

個人的にはそろそろ優勝賞金1,000万から増額できないのでしょうか。

底上げするのももっと夢のある金額ってわかりますか。

中川家のお兄ちゃんが、優勝賞金をあっという間に使ってしまった話がありました。

確かに優勝して今までたくさんお世話になった方々にお礼したら1,000万などすぐ

なくなるよね。でも仕事がめちゃくちゃ増えてCMも入れたら結構な収入増になるでしょうから。それでも唸るほどの優勝賞金では無いと思う。


今回もあの「佐賀は出れるが入れない」の、さや香も出ていますよね。

今回こそ頂点取ってほしいですわ。

佐賀ということで、九州は皆様もご存知の浄土真宗王国ですよね。

ナンマンダブツが身近な九州には、お念仏を喜んで生きておられる方が多いですね。

その方々のお味わいをご紹介します。


○母に遇ひ よき師に出遇ひ み仏の お六字にあふ 幸せ者よ


○一日ひと日が 浄土にむかふ 旅なりと 友とよろこぶ 交わす便りに


○大衆の 中の孤独と 人の言ふ われはみおやの ふところの中


○長生きは 法の宝と よろこびし 母を憶へり 年の始めに


○長生きは 法の宝と ききしより 一日ひと日の いのち尊し


○「ほんに私は幸せよ」日に幾度も 繰り返す 喜びは尽きぬ 泉の如く


○み仏に 通う電話は ナムアミダ いつでもどこでも お話しできる


○なんの不安も無く C・Tの日を待てり やがて浄土に 迎えられる身は


○かなしみも よろこびとなる 不思議なる 宝と賜ふ 南無阿弥陀仏


○露ほども 光るものなき わが身より 輝く弥陀の み名いでましぬ


○み仏の かならずすくうの および声 わが声となり わが耳にきく


     佐賀真宗伝道懇話会編「佐賀の念仏者」より

                広重タミ子さんの喜びの歌



いかがでしたか?

お念仏を我が身にいただいたら自然とこのような生き方となるということ

でしょうか。頭でお念仏を受け取っている間はこうはなりませんよね。

お念仏を宝物だと思えるまではほんまもんではないとも言われます。

皆さまナンマンダブツが宝物になっていますか?

私はまだ宝物にはなっていませんが、必須なものとはなりました。

阿弥陀さまがご一緒だと思えたら嬉しくなりますよ。


疑心なきを「信」という。


ナンマンダブツ

閲覧数:20回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page