top of page

伝説を超えた笑顔

皆さま、おはようございます。

凄かったですね。サッカーワールドカップ。

最後までどちらが勝ってもおかしくない試合展開に

普段サッカーには興味を示さない私も大興奮。


試合の流れはやはり絶対的ストライカーで一瞬で変わるのですね。フランスの強さは絶対的エースでした。ゴール左隅に全て蹴り込んで、またそれを全て決める。これはお見事、あっぱれ。


メッシは唯一取れなかったワールドカップを最後の最後に見事に取りました。まさに神の子。

あの伝説のマラドーナさんをついに超えてメッシがレジェンドになった瞬間を見させていただきました。


サッカーがこれほど魅力的だと人生初めて感じたワールドカップでした。

アルゼンチンはメッシだけじゃなく選手が全て上手く機能していました。

またフランスはコンディションの悪い選手がたくさんいる中、それでも前半の2点ビハインドをワールドカップ決勝戦でアルゼンチンに追いついて見せたし、延長戦でも先行されても追いついて見せた。


日本が学ぶべきことはこういうものでは無いでしょうか。いやはや今回の日本はワールドカップを盛り上げた一翼を担ったと思います。


しかしエムバペは素晴らしかった。

決勝戦でハットトリックを決めるなどまさにスーパースターです。劣勢の試合展開を一瞬で変える。

彼がいる限りフランスは世界トップにあり続けるのではないだろうか。

日本にもかの三浦知良さんのようなストライカーの登場を待ちたいものですね。


しかしメッシは最後までピッチに立ち続けました。

まさにメッシのためのワールドカップ。

アンチサッカーの私も敬意を表します。


おめでとうございました。

絶対的エースが倒されても笑顔で周りを鼓舞して勝利のためにピッチを走り回っていた姿はただの感動ではなかった。


さて今日も新たな仏縁をいただきます。

私も負けずに頑張りたいと思います。

ナンマンダブツ、ナンマンダブツ、ナンマンダブツ

閲覧数:23回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comentarios


bottom of page