top of page

不屈の精神

更新日:2023年3月23日

皆さま、こんにちは。

春の陽気の中、ついにWBC日本代表が決勝で宿敵アメリカを逆転で振り切り14年ぶりの優勝を飾りました。

サッカーワールドカップでアルゼンチンが優勝した時、壇上の真ん中で輝いていたメッシを思い出すほど。まさかあのような場に大谷翔平がいて日本代表が歓喜の輪に囲まれているなんて夢のような光景を拝見して住職は涙しました。


野球ファンにはたまらない光景。

最後の打者は大谷翔平のチームメイトのトラウト。アメリカのキャプテンだ。

最後は14年前にダルビッシュが投じた同じ球スライダーで空振り三振にきってとり勝利したのですからね。


アメリカ強力打線の一発攻勢で2点は奪われましたが、先制されてすぐ村上宗隆がホームランですぐさま同点。ヌードバーの打点、そして岡本の価値あるホームランは見事でした。

投げても6人の継投で再三のピンチを切り抜けた。

八回にはダルビッシュ、最終回は大谷翔平と超豪華な必勝リレーでした。


MVPは二刀流の活躍した大谷翔平が獲得。


これまでサッカー人気に押されてきましたが、これで野球人気が盛り上がれば嬉しいです。

今大会は、今まであまり野球では有名ではなかったヨーロッパのイタリアやチェコが侮れない存在感をみせていましたから次回が今から楽しみですね。


しかしWBCの表彰式で、監督、チームスタッフにまでメダルをかけていたのには驚きました。でも高校野球でも今後そうしてくれたらいいなぁと思いました。

甲子園ではベスト4チームにも銅メダルをしたら野球人気はより盛り上がると思います。

全国ベスト4って凄えもん。

頑張ってきた高校球児に勲章を与えて欲しいと思うのは私だけではないと思います。


今大会の甲子園での試合で、選手が喜びのあまりペッパーミルパフォーマンスをしたことが懸念されましたが、ガッツポーズが良くてペッパーミルパフォーマンスが良くない意味が私には理解できません。

スポーツマンシップでなんだろうって考えさせられます。


大人の都合を子どもたちに押しつけるやり方って今の時代にそぐわないと思う。


しかしながら興奮しました。

また各自がチームに戻り開幕からシーズンを盛り上げて欲しいと思います。


ライオンズファンとしては骨折をおしてもリタイアせずに最後までやりきった姿には感動しました。是非しっかり治療してください。

このWBCの経験を活かして頑張れ、源田壮亮!山川穂高は生牡蠣が当たらなくて良かったですね。犠牲フライ打てて良かった。


気疲れしましたわ。

南無阿弥陀仏

閲覧数:11回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page