top of page

やきもきしていましたが

朝の一部スポーツ紙では、山川穂高の人的補償に和田毅投手と報じられ大騒ぎになりましたが、今日正式に【甲斐野央】投手と発表されました。渡辺GMは補強ポイントは中継ぎであると言われました。甲斐野投手はドラフト一位でホークスに入り5年目を迎えます。

160kの速球とフォークを武器にした豪快な投手で27歳とまだ若いので平井の負担も軽くなると思われます。佐々木や森脇の故障により中継ぎが手薄になりましたので確かに貧打線を考えればスラッガーが欲しいと考えていたのがまさかまさかの甲斐野投手でした。

YouTubeでもさまざまな名前が上がっていましたがいずれも候補にすら上がっていなかった選手でしたね。

私の甲斐野投手のイメージは森友哉に打たれたホームランですね。あれはいつ観ても凄い対戦でした。久しぶりに生きのよい若手投手を人的補償で獲得した渡辺GMの本気度を感じました。これでほぼライオンズの補強は終了でしょうか。安心してファンとしては開幕を待てそうです。

これで一つ肩の荷がおりました。

今年は公私に忙しくなりそうな予感がします。

閲覧数:15回

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page