しあわせって

[いのち•自分•幸せ]


【自分違い】本当の自分と、思いの自分は違うのに

      思いの自分を、本当の自分と錯覚しち

      ゃう

      ⤵️

      そこに現代人の一切の不幸と差別の

      根源があるのです。


【忘れる】 財布を忘れたら、びっくりするけれど

      自分を忘れても、びっくりしない

      


【抱える】 人は心の中に、それぞれ重い石を

      持っている。

      放り出したいような重い石を持ってい

      る。

      その重い石を漬け物石のように、抱え

      こんで、人生に味を出すのもいいし、

      その石を軽石に変えて、たんたんと

      生きてみるのもいい。


【幸福】  しあわせって欲張りすぎると、逃げて

      しまうのですね。

      追いかけて自分でつかむものと思って

      いましたのに•••••

      ⤵️

      しあわせって、いただくものでしたね

      少しずついただいて、少しずつ分け合

      うことが大切なことだったのですね。


              [素敵な言葉です]


◉人間は失ってみて初めて気づくことが実に多い。

 私自身、身に染みて感じています。

 今、側にいてくれる方のことを、今一度ゆっくり

 考えてみてください。

 明日も明後日も一緒にいれるとは限りません。

 居なくなってしまったら、あなたはどうやって

 その喪失感を埋めるのですか?

 多分、人間の知識では答えはありません。


️だからこそ、私たちの先人たちは【仏さまの智慧

 】を仰いできたのです。

 私たち人間の悲しみ苦しみを我が悲しみ苦しみと

 して寄り添ってくださる仏を【阿弥陀如来】と

 申します。


※人は深い悲しみの中、涙を流します。そして

 その涙が尽きたときに新たな自分に気づく。

 「涙」は、「悲しみから戻らせる」という字。



しあわせ(幸せ)になりたい人は、阿弥陀如来を

仰いで〈南無阿弥陀仏を称える〉生きていきましょう。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:18回

最新記事

すべて表示