top of page

お釈迦さま、おめでとう㊗️

皆さま、こんにちは。

今日は「花まつり」、仏教をお開きくだされたお釈迦さまのお生まれになられた日です。

皆さまはキリストさまのお誕生日は良く知っていることでしょうが、本来なら一番身近であるはずの安穏の世界を私たちにお説きくだされた有り難い仏さまです。


超法寺では毎年4月8日に「花まつり」をお勤めして生誕をお祝いしています。

道行く人たちに甘茶をかけていただいています。今日はお天気に恵まれましたので外に安置しています。

今年はどれくらいの方が花御堂に気づいてくださり甘茶をかけてくれるかな。


まだきちんとした花御堂を購入できませんが、いずれはきちんとしたものをお寺で求めたいと思います。(心ある方にご寄付いただけたら尚のこと嬉しいですが笑)



お勤め

「十二礼」(じゅうにらい)の意訳

「らいはいのうた」を唱歌


「花まつりのうた」

※大和島根に咲いでし 花のさまざまつみそえて いましよそえる花御堂 たたす仏の尊さよ


※時は春なり地は王土 ここに御教えいや栄え 花もわらいて鳥うたう 今日の御祭みな祝え


灌仏会(お釈迦さまの誕生仏に甘茶をかけて祝います)


南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comentarios


bottom of page