top of page

お浄土参りの秘訣(6)

皆さま、おはようございます。今日も朝から良い天気に恵まれています。

有難いことですね。二度とないこの日を大切に過ごしたいものですね。

勿体無い日暮らしをしないように、たくさんの方々のおかげで、お支えである今日の我が命を大切に過ごしたいです。

私は今日は狭山市でご縁に遇わせていただきます。


我が人生の一番の目的、それは阿弥陀さまとお遇いさせていただき、お浄土参りの解決を済ませておくことです。もう二度と輪廻転生する事のない我が人生とする事であります。


お浄土参りの秘訣をお伝えします。

51、月高ければ 影深く 罪業深重(ざいごうじんじゅう)願力光る。

52、信心から道徳が生まれる。善悪から信心は生まれぬ。横超他力の信獲(しんう)れ

  ば現生十種の益(げんしょうじゅうしゅのやく)がある。困った時に助け船、一円

  の銭も ごまかさぬ身にしてくださる。

53、「慈悲」と「因果」「孝行」と「仏法」、これを忘れたら、この世は暗闇、命が

  短い。病気になったら懺悔せよ。

54、向こうの人の身になって考えよ。己をつねって人の痛みを知れ。「思いやり」が

  一番じゃ。

55、念仏の堪忍袋なかりせば、何にか入れんかんしゃくの虫。この世は辛抱、無常の

  風は時を嫌わぬ。

56、人をそしらず、自慢せず、卑下もせずして、己が身の及ばぬことを慚愧(ざんぎ)

  して、真の仏弟子、念仏行者、自覚を持ちて、教人信、この世の栄華、夢と見て

  真の解脱をのぞみつつ、日陰おしみて祖典をば常に学ばん大悲心。

57、万物の「実相」悟った如来さま、仏智不思議の如来さま、大悲の親さま如来さま、私や必堕無間の大病人、名医は親さま無上尊、醍醐の妙薬、南無阿弥陀仏。


58、母親の慈悲を百億千倍大きくしたのが如来さま、「極大慈悲母」(ごくだいじひ

  も)と名づけたてまつる。


59、むねませり、やるせなきとき、ただ一人、まことの慈悲の如来(みおや)たのもし

60、体験という体験は更になし。南無阿弥陀仏を今初めてぞ聞く。




自力では決して救われないのに、自力に生きようとする人間のあさましさを知れます。何度も何度も繰り返し読んでお味わいくださいませ。

今日も南無阿弥陀仏を称えながら過ごしていきましょう。


ナンマンダブツ


閲覧数:19回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page