top of page

お恥ずかしいです

皆さま、こんばんは。

今日は朝から皆さまがあちこちでお掃除をされておられましたね。

無知な私は何も知らずにいつも通りお仕事へ出かけてしまいました。


六月第一日曜日は市民清掃デー。


そんなこと全く知らないで今まで生きてきてしまいました。人々に「法」を語っている僧侶でありながら知らないで生きていたこと、知ると途端に恥ずかしい〜〜っと赤面するほど。

情け無いですよね。


きっと皆さまは、あ〜、超法寺のご住職は清掃しないんだなぁ、と蔑まれていたのかも知れませんね。そんなことだから嫌がらせをされちゃうんだよ〜などと思われていたかも。

あ〜、恥ずかしいなぁ。


このネット社会に情報すら頭に入っていなかったことがたまらないなぁ。

お天気も良かったのに住民の一人として参加することができなかったなんて。


自己嫌悪やね。


どっと疲れが出ました。

Facebook記事で優しく教えてくださった新井さんありがとうございました。

「来年はお手伝いくださいね」

はい、是非お手伝いさせていただきます。


人生失敗ばかり。

それを責めるものあり。

優しく教えてくださる方あり。


ナンマンダブツ、ナンマンダブツ、ナンマンダブツ

閲覧数:16回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

Comments


bottom of page