top of page

お坊さんって何をしてるの

皆さま、こんにちは。

入間市は豪雨のような雨です。

午前中に入間郵便局へ掲示広告[ATM前]の更新手続きと、豆柴さんたちのお風呂依頼[あいちゃんペット]に出かけてきました。

お参りがない日は普通に一般社会人をしております。午後はまたいつもの整骨院へ行きます。


よく皆さまから言われます。

お坊さんって何をしているかわからない。

だから怖そうとか苦手とか言われますね。

ま、浄土真宗のお坊さんは修行僧ではありませんから山に籠ったり、托鉢をしたりはしません。でも生活そのものが修行みたいなもので、腹も立てれば優しくも笑顔にもなります。

好きと言われたら嬉しいし、逆に嫌いって言われたら悲しい。文句を言われたら腹が立ってしまいます。よく6秒我慢すれば良いとか聞きますが、そんなものではないかな。

今日はとあることでめちゃくちゃ腹が立ちましたからね。そりゃあ相手を責めてみても仕方がないのでしょうが、こちらの気持ちが通じないと、この雨模様ですから腹が立ってきます。ましてや店員さんが言葉で畳み掛けてきたら余計に冷静にはなれずに•••反省します。


え〜、入間市は54ミリの雨だって。

入間川大丈夫かな。心配です。


お坊さんはお経だけ読めばいいわけではありません。朝から本堂やお寺前の掃除、洗濯、豆柴さんたちのお世話、もちろんお散歩にも行きます。お布施をお預かりしたら入金に行き、支払いがあれば郵便局でお金を下ろして支払います。電話で相談を受けたりもしますよ。

もう本当に時間が足らないです。

あれもしなきゃ、と思いながらできないものがたくさんあります。今は引越し荷物[ダンボール]の仕分けがなかなか済みません。収納スペースが少ないからなるべく処分したいんですがなかなか捨てられない性分がアダになります。煩悩まみれでお恥ずかしいです。


たまには研修会にも参加して研鑽に励みます。

さまざまな人たちと触れ合うことで繋がることも大切でありますよ。来週は一泊で5年ぶりくらいで札幌までお勉強してきます。遊びに行くのではありませんよ、すすきのに。

基本的にすすきのには行きつけのジンギスカン屋さんにしか顔を出しません。昔から。

でも今は高崎市に行けば同レベルのお店があります。北海道は常例線と言って、布教[法話]をして歩く[二から三週間]、お寺さん回りをする活動が盛んです。確かに北海道はめちゃくちゃ広いから移動するのも大変です。

私は過去に確か3回位お世話になりました。

冬の北海道は四駆車でも埋もれたり、ホワイトアウト[めちゃくちゃ恐怖でした]の体験をしました。それでもお寺にお参りされる方々はにこやかにお迎えしてくださいました。

大変素晴らしい経験をさせていただきました。


もう一度チャンスがあれば出てみたいけどなぁ、無理でしょうかね。まだ超法寺が暇なうちなら可能でしょうがお寺を空けていたら寂しいって言う人がいるかしらね。

そもそも北海道も開教されてきた歴史があります。いわゆる屯田兵ですね。日本人の文化が世界に誇ることは昔から命を粗末にはしなかったこと。特に浄土真宗のみ教えを生活の糧にされて生きてきた方々は開拓をすることで、あまり良い言葉ではありませんが言わないとわからないので敢えて使いますが気を悪くしないでください。間引きをしてこなかった。富山県から屯田兵で北海道へ開拓に出て、お寺の次男や三男も同じくして屯田兵で北海道に浄土真宗のお寺を作られたのです。また広島県からも同じく屯田兵で開拓に出られた所以で北海道日本ハムの新拠点がある北広島市は広島県出身者が多く住むと言われます。

その南無阿弥陀仏の声を仏法聴聞を生活の糧にして生きてこられた方々を身をもって体験することができた私は本当にしあわせ者でした。

そういえば札幌別院さまの「テレフォン法話」も経験させていただきましたね、懐かしいなぁ。多くのお育てが今の私を形成しているのです。

お坊さんだって皆さまと何ら変わらない人間[凡夫]だから。日々悩みを抱え、苦しみを抱えながら生きています。ただちょっと違うことがあるとすれば、南無阿弥陀仏を称え、仏さまのみ教えを聞きながら生きていることくらいでしょうかね。お寺さんだからって別に特別なことなんかありませんよ。


確かに私は見た目がデカいから怖そうって思われやすいから、普段から笑顔を絶やさないように心がけてはいます。なるべく高圧的な言動をしないように[でも、たまには出ちゃうけど]します。気になることがあれば何でも聞いてね。先日は「ご住職はどうして結婚しないの?お坊さんだから?」って質問されました。

いやいや、一応バツイチなんだよ。めちゃくちゃ幸せ気分だったのにハートがお子ちゃまだから逃しちゃったの。別にしたくないんじゃないよ、縁がないだけ。縁があればもう一度頑張ってみたいけどこの歳ではなかなかね。小林一茶さんのようにはなれないかな。


そんなお坊さんなの、超法寺の住職は。

少しはご理解いただけましたか。

あ、整骨院に行く時間だ。あちこち痛くて。

どうにも回復しないです。老化現象でもありますかね。行ってきます。

皆さまも素敵な今をお過ごしくださいね。

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏

閲覧数:24回

最新記事

すべて表示

死後の世界

人間に生まれることは難しい。 「礼讃文」(らいさんもん)には、 人間に生まれてきて仏法に遇うことはまたかなり難しいことである、人間に生まれてきた今ら仏法に遇うて救われなかったならば、もはや私が救われることなど望めません。 [三帰依文](さんきえもん) 人身(にんじん)受けがたし、今すでに受く。仏法聞きがたし、今すでに聞く。 この身今生(こんじょう)にむかって度せずんば、さらにいずれの生(しょう)に

留言


bottom of page