免物.png

入仏法要(にゅうぶつほうよう)について

我が家に阿弥陀如来さまをお迎えさせていただく感謝の法要です。

お仏壇などに新たに阿弥陀様を御安置する際に行います。

阿弥陀さまはお飾りではありません。

間違いない、間違わせないとはたらいてくださる仏さまを迎えることができた喜びを是非忘れないでください。

遷仏法要(せんぶつほうよう)について

阿弥陀如来さまのお引越しです。今まで我が家で私を見守り続けてくだされたことの感謝を申しあげ、新しいところでもよろしくお願いいたしますという感謝のお勤めをいたします。遷座法要(せんざほうよう)と呼ぶこともあります。

建碑法要(けんぴほうよう)について

浄土真宗ではお墓は仏壇と同じ意味をなします。お仏壇にはご本尊(阿弥陀如来像)をご安置します。ということは当然、お墓にもご本尊(阿弥陀如来)が必要だということですから、「南無阿弥陀仏」と刻んでください。亡き人は阿弥陀如来さまのお救いで南無阿弥陀仏という方になられました。つまりご先祖は「南無阿弥陀仏」になられたことを知ってください。浄土真宗は仏さまに手を合わせます。仏さまは南無阿弥陀仏です。忘れずに刻んでください。(詳細はご住職にお聞きください)

納骨法要(のうこつほうよう)について

故人さまの生前の姿を偲ばせていただくもので粗末にはできません。ですから一箇所にまとめたものがお墓の始まりと言われています。生前の姿を偲ばせて今は阿弥陀如来さまのお救いによりお浄土へ参ってくださり、私たちを導く仏さまになってくだされたことを喜んでいく大切な法の場です。大切にしてください。

お墓