​Q1:超法寺で葬儀や法事をしたら門信徒にならなくてはいけませんか。

A:強制はすることはありません。

ただ住職の姿勢に賛同して一緒に入間市に浄土真宗本願寺派の寺院を作り、お念仏、仏法聴聞を喜ぶ仲間作りをしたいという方には是非、門信徒となって皆さまのお知恵をお貸しいただければ大変力強く思います。

今後も是非超法寺住職に仏事をお願いしたい、また、応援していきたいという方には是非とも超法寺のファンとして門信徒になっていただけませんか?一緒に超法寺を育てていきませんか?南無阿弥陀仏の仲間を増やしませんか。住職は喜んでお仲間になってくださるのをお待ちしております。

​Q2お布施の金額が気になります。

A:お布施の金額について決まりはございませんが、ご参考までにこれまで超法寺の仏事にて施主さまよりお供えいただいたお布施の平均的な金額を記載いたします。

  • 通夜葬儀 16万円~30万円程度

  • 一日葬  8万円~16万円程度

  • 火葬式  4万円~6万円程度

  • 各種法事(年忌法要、祥月命日、盆参り、彼岸参り.枕経、不在経、月忌等)5万円程度

​Q3:水子供養はおねがいできますか。

A:皆さまがよく勘違いされますのは、「水子は地蔵尊に、大人は阿弥陀仏に」と、誰から聞いたのでしょうか救いが分業制になっているかのような。
阿弥陀さまは、あらゆるいのちを間違いなく救うために仏さまになられました。
南無阿弥陀仏のお言葉の中にその功徳をすべてギュッと込めて完成してくださっておられます。
だからこちらの側でわざわざ分ける必要などないのです。
ですから浄土真宗では、お墓のポイントは自分たちの考えだけで建立せずに、お寺さんに相談して浄土真宗の
み教えに沿ったお墓を建てたいものですね。

  1. 先ずはお寺に相談

  2. 墓相に惑わされない

  3. 形にこだわらない

  4. 石碑の正面には南無阿弥陀仏とお名号を刻みます(家名は正面ではなく台右に)

  5. 南無阿弥陀仏と彫り観音像や地蔵尊、宝塔は必要ありません。(すべての功徳は南無阿弥陀仏の中に備わっています)

  6. 吉日の文字は刻まない(季節を表す春彼岸、秋彼岸、何月でよい)※浄土真宗は阿弥陀如来と毎日をご一緒に歩んでいくので365日大吉の人生であります。凶などありませんよ。

  7. 魂入れはありません。建碑式を勤めます。

浄土真宗は水子地蔵を立てて大人との骨を区別するのではなく、いのちの尊さ、有難さを共に噛み締めていくのです。それは亡き赤ちゃんが実は自らが“私のために”人間に生まれることの有り難さ、命は、素晴らしいと知らせるためと教えてくださっていると受け止めていきます。
南無阿弥陀仏とお念仏をお称えして生きて必ずまた浄土での再会を果たしていく喜びをお聞かせいただくのです。

​Q4:亡き方はどこに行ったのですか。

A:実体として捉えた亡き人がお仏壇の中にいるわけではない、ということをもう一度申しあげたいと思います。
一時、よく歌われた『千の風』は、お墓の中に(亡き人は)いないというような歌詞でしたが、それとよく似ています。
すなわち、実体としての亡き人はお仏壇の中にはいないけれども、かたちやこだわりを超えて、仏さまとなられた亡き人はいつも私に寄り添ってくださいます。その亡き人に、お仏壇を通して遇うということです。
実はそれがお仏壇たる所以なのです。
「亡き人は阿弥陀仏の救いによって浄土に生まれ、仏さまになられている」と味わいます。そして、お仏壇はその阿弥陀さまの浄土を表しているのです。
本来、浄土は色もかたちもない真実そのものの世界であり、私たちの思考を超えた世界です。それをかたちに表そうとしたのがお仏壇の造りだと言われています。
ということで、亡き人は、お仏壇のどこかにおられるのではなく、阿弥陀さまの浄土に生まれ、仏さまとなっていつでもどこでも私たちに寄り添い、一人ひとりを輝かせようとはたらいておられます。お仏壇はその亡き人が生まれた浄土を表しているのです。
さらに、浄土に生まれられた亡き人の心を伺えば、私たちに「自分を敬い、手を合わすようにせよ!」と上から目線で思ってはおられないでしょう。それよりも、私たちに「限りあるいのちを精いっぱい生き抜いてくれ。そのためにも、阿弥陀さまの深い慈悲のお心を頼りに、人生を力強く歩んでくれよ」と願われていることでしょう。
お仏壇で阿弥陀さまを仰ぎ、お心を受け取っていくことが、そのまま亡き人の心にかなっているのです。
ポイント
▷亡き人は阿弥陀仏の救いで浄土に生まれる
▷お仏壇を通して、浄土に生まれ仏となった亡き人を偲ぶ

※『浄土真宗 新 仏事のイロハ』末永弘然著より

​Q5:中陰とはなんですか。

A:浄土真宗は阿弥陀如来のご本願にお任せする(南無阿弥陀仏を声に称えること)ことにより浄土へ生まれ仏さまにならせていただく教えです。生前、お念仏を称えることの無かった人が死んですぐに往生することはありません。(亡き人を偲び、阿弥陀如来のご本願のいわれを聞いてご遺族が仏縁に遇わせていただく=南無阿弥陀仏を称える)

仏教では、初七日から四十九日までの間、7回裁きにあうのです。初七日は故人が三途の川を無事に渡れるためにする法要なので大切に勤めます。あの世の行き先を決める三途の川を渡るというのは、生前良いことをしてきた人は橋を渡り、少し悪いことをした人は緩やかな川の浅瀬を渡り、悪いことをした人は流れの強い深瀬を渡る、と言われています。