彼岸花.jpg

お彼岸について

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますがなぜ三月と九月に彼岸という行事があるのでしょうか。生まれたものは必ず死んでいかねばなりません。死んで行かれた方々がおられる世界を仏法を通して聞く機会を持つことの大切さを知ることを先人の方は私に勧めていてくださいます。他人事としては恥ずかしいですよ。誰も避けては通れないのだから。
日頃から訓練しておくのですよ。私は「死のレッスン」と言っています。

是非お参りしましょう。